トップページ 初めての方へ Q&A 運営会社 お問い合わせ マイページログイン

 

他では言えないHot!な話:軽減税率でイートインコーナーは充実するのか?

家具TOP

軽減税率、スーパーやコンビニでの食べる場所での差異

コンビニでサンドイッチを買って「イートインコーナー」で食べれば8%で、街のパン屋の店内で食べれば10%・・・・。軽減税率が導入されたら、買う店や食べる場所によって税率が異なってくる。今までの利用状況を考えると、外食で税率が10%となるので消費者側からすると大きな負担と感じる。

実際現状は、税務職員もい判断に迷うらしく、消費者目線でガイドラインを作ってもらわないと、軽減税率自体の効果は期待できないのでは?

ただ、昨年から徐々に考え直されて来たスーパーやコンビニ内でのイートインコーナーへの期待が増してくるのではと考えられる。お互いに余計なサービスや手間をかけずに、効率のよい飲食コーナーがイートインだと考えます。店員も、イートインで食事するお客に対して手間をかける必要がないし、従来の業務に徹していれば良い。イートインで食事してもらえれば、ついで買いや追加買いのチャンスも生まれ、売上UPにつながる。コーナーでの清掃は必要ではあるが、そんなに手間がかかるわけでもないので、各社益々充実させる方向で考えるかと思われます。

逆に、大型商業モールなどでのフードコート内では返却可能な食器での販売スタイルでは税率10%かかるとの話なので、従来のスタイルを考える必要があるのかと思います。

その様な現状から、外食に益々お金がかかるのであれば、気軽に利用できるスーパーやコンビニ内のイートインで食事をする方がリーズナブルである。

個人的には、平日普段はイートインで食事を済ませ、週末や特別な時だけ外食という使い分けが良いかと考える。今の時代は、いろんな情報を元に賢い選択をして生活をする知恵が必要なのかと考えます。

当社では、イートインやフードコート等で利用する業務用の椅子や、ガタつきの起きにくいテーブルなどをリーズナブルにご提供しております。大量購入を検討される方には、見積もりにてご相談対応させていただいております。